神戸ポートアイランド

| コメント(0) | トラックバック(0)

portland.jpg
神戸マリンエアーの展望デッキより三宮方面(クリックでパノラマ)

阪神・淡路大震災以降ポートアイランドに初めて行く気になり久しぶりに出かける。それというのも2月に神戸マリンエアー開港、3月末で神戸ポートピアランド閉園ということが重なり、野次馬気分と消えて無くなる物を記憶にとどめて置く為である。三宮からポートライナーで終点である神戸空港までいくが、陸地から離れ、人工島に行くのはどこか非日常的な感覚になる。もともと神戸在住でない為か、また普段の生活でみる事のない湾岸の景色がそうさせるのか、造成地と近代的なビルの景色か?少し考えさせられる。神戸空港はポートアイランドを超えた先にあるが、開港からまだ約1ヶ月で大変多くの見学者で賑わっている。お目当ては展望デッキ。空港自体については大変コンパクトな感じで まとまっている。空港に対しては多くの意見があると思うが、あと数年立てば何らかの形が見えてくるだろう。空港からの帰りはポートライナーで一駅目のポートアイランド南駅でおり、ポートピアランドを目指して歩く事にする。見慣れない駅前をを歩くと温室があり、一体ここで何を作っているのかと思いきや、神戸市経営の花鳥園。やっているのかどうかは確認していないが、まったく人影はは無かった。(後にオープン前と分る)そしてしばらく造成中の箇所を歩くと、懐かしい南公園に着き、その前には3月末閉園の神戸ポートピアランド西口ゲート。閉園のため懐かしがる多くの人で結構賑わっているように見える。そして市民広場前に行くと以前の記憶がまったく当てにならない程さびれている。おしゃれなレストランやオープンカフェ等がまったく姿を消している。震災時は島内全体が液状化で水浸しになってる映像を多くみたが、その影響か、時代の変化で賑わっている場所が移動しているのか判らないが、大変寂しい感じである。そして神戸市長の銅像の前を抜け神戸大橋に。橋のたもとの北公園も上から見る限りでは静かな感じで、震災時大きな被害を受けた「みなと異人館」も復旧に大変な時間が掛かったらしいが、今は時間の流れが止まったようにきれいに見える。

参考URL
震災記録写真

FitDSC01171_ss.jpg

神戸ポートピアランド

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ruby.fool.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/160

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.38

このブログ記事について

このページは、rubyが2006年3月19日 20:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「姫路城へ」です。

次のブログ記事は「犬山城」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。